薬剤

ゾタロリムス:非細胞毒性薬剤

ゾタロリムスはmTORと結合し、細胞周期のG1期における タンパク合成を阻害することで、
平滑筋細胞増殖を抑制する。

ゾタロリムス: 脂溶性特性および阻害剤濃度

  シロリムス
ゾタロリムス
脂溶性特性
logD 3.6 logD >4.5
阻害濃度
IC50 0.4nM IC50 0.3nM

動物実験による薬剤溶出速度と薬物動態

ステントからの回収量に基づく薬剤溶出速度

血液及び血管内組織におけるゾタロリムス検出濃度

▲top